So-net無料ブログ作成

熱海海上花火大会と今週の野鳥 [野鳥]

今週は熱海海上花火大会を見に行ってきました。こちらも先日の花火大会同様に毎年のように行っている花火大会で、海上にある堤防から上がるのでどこからでも見やすいうえに背面を山に囲まれた地形のため音の響きが気持ちいい花火大会です。
見るのはこちらの砂浜から。金曜日の夜なのに結構人が来ています。ちなみに左上に見える星は土星と火星とアンタレスです。 
DSC_1850.jpg
約5000発を30分で一気に上げますので次々とテンポよく上がります。 
DSC_1851.jpg
堤防からはこんな感じに上がります。
DSC_1877.jpg
左右に大きく2か所に打ち上げ台があります。
DSC_1884.jpg
堤防の横幅と2か所の打ち上げ場所で横に広い花火でとてもきれいです。
DSC_1917.jpg
このためフィナーレが最高に綺麗です。 
DSC_1945.jpg
この花火をみると夏の終わりを感じます。
そして昼間は鳥見です。まずはサンショウクイ。 
DSC_1071.jpgDSC_1075.jpg
最近は鳴き声をよく聞くのですがいつもは良い位置に止まってくれません。この日は撮りやすい位置に来てくれました。
次はキビタキ♂と 
DSC_1261.jpg
 メスです。秋になるとメスがだんだん威張ってきてみんなを追い払う困り者になります。そしてこのメスもその状態になっています。
DSC_1467.jpg
そして最後にカイツブリ親子です。
この場所は毎年のようにカイツブリを見かけているのですまだ繁殖している姿は見かけたことはありませんでした。
夏前には1羽だったと思うのですが気が付くと2羽に。もしやと思い時々チェックしていたのですがそのような兆候は見られずあきらめていました。
そして先週に動物園に行ったときに飼育しているカイツブリが抱卵している姿を見て、またチェックしてみるかと思い行ってみるといつもは潜って魚を取っているのに全く潜らずに泳いているだけ。そしていつもはシュッとしている背中の羽がフワッとしていました。
まさかと思いしばらく観察すると子供がひょこっと顔を出しました。  
DSC_1596.jpg
親の目は怖い系ですが雛の目は真っ黒で円らな瞳。かわいいです。
DSC_1617.jpg
後ろ向きに乗車中。
DSC_1717.jpg
番です。ともに背中に乗せていて全部で3羽確認できました。 
DSC_1734.jpg
そして観察していると巣も発見。ここに雛を置いてエサ取りに出かけているみたいですね。
藪の中で写真にしてもイマイチなんだかわかりませんので動画にしました。 (2分29秒)
うーんかわいい。しばらく楽しめそうです。 

多摩動物公園 [動物]

こちらは先週の写真です。夏休み最後に多摩動物公園に行ってきました。
少し前の話ですが5月にスマホを新調しました。その際に妻もやっとスマホデビュー。そして使い方を慣れてきたのか色々な情報を拾うようになってきました。その中に動物園関連もあり、どこどこでペンギンがふ化したとか、赤ちゃんが生まれたとかそんな情報がメインです。その情報で日本唯一、多摩動物公園で飼育が開始されたタスマニアデビルの話が出ていました。
このタスマニアデビルを見に多摩動物公園へと行ってきました。
この暑い時期は動物もあまり活発に動かないので比較的涼しい朝一番にタスマニアデビルへ。
よかった。活発に歩き回っています。 
DSC_8916.jpg
 あくびをすると鋭い牙が見えます。なんだか頭が大きくパランス悪いですよね。
DSC_8927.jpg
 そのバランスの悪さがかわいいですね。そして30分くらい歩き回った後は寝てしまいました。
その後何度か覗きに行ったのですが寝てばかり。朝一番に行って良かったです。 
DSC_9052.jpg
 他の動物たちです。いつも思うのですがカンガルーの睫毛長くていいですね。
DSC_8897.jpg
 ワライカワセミ。鳴くと煩いです。
DSC_9065.jpg
 ヨタカの一種だそうです。高感度が大活躍。ISO6400,F2.8,1/25
DSC_9168.jpg
正面顔を何枚か。 
DSC_9345.jpg
DSC_9401.jpg
DSC_9611.jpg
かっこいいですね 
DSC_9732.jpg
 活発に動き回る上に暗いところが多く意外と撮りにくいのがレッサーパンダです。
DSC_9831.jpg
 こちらは動きが少ないので撮りやすいです。
DSC_0147.jpg
最後にオジロワシ。かっこいいです。 
DSC_0205.jpg
やっぱり夏の動物園は辛いですね。でも動き回るタスマニアデビルが見れて満足です。 

夏休み後半の野鳥 [野鳥]

あっという間に夏休みが終了となってしまいました。後半は台風の影響もあり不安定な天気でしたが鳥撮りを満喫した夏休みでした。あまり遠出はせずに近場での鳥見です。 
鳥ポイントまで行く間に空を見ると高高度を何かの鳥が飛んでいました。ちょうど月方向のコースだったのでwith月と思ったのですが構シャッターを押した時には通り過ぎていました。なかなか難しいですね。 
D500,400mmF2.8+2倍テレコンをトリミング, 1/400,F8,ISO200 
DSC_0345.jpg
 まずはコサメビタキ。まだ幼鳥の羽が残っている個体です。
DSC_8333s.jpg
しきりに空を気にしています。もう少しゆっくりして目を楽しませてください。 
DSC_8260s.jpg
次にセンダイムシクイ。頭中央線がはっきりした個体と薄い個体の2種類いるようですが横から見た写真では区別がつきません。 
DSC_8636s.jpg
 ムシクイのこの角度好きです。 
DSC_8662s.jpgDSC_8717s.jpg
すばしっこいですがいろいろなポーズを決めてくれました。 
DSC_8773s.jpg
 そしてキビタキ♂
DSC_7659s.jpgDSC_7667s.jpgDSC_8147s.jpg
 最後にキビタキの幼鳥は3個体いるみたいで入れ替わり立ち代わり出てきてくれました。
DSC_7839s.jpg
 まだボサボサです。
DSC_8451s.jpg
鳥の出はあまり良くない夏休みですがいろいろ見ることができました。結果オーライです。 
そろそろ気の早いエゾビタキが出てきてもよさそうな季節です。今週の台風で入れ替わるかもしれませんね。
 

夏休み前半の野鳥 [野鳥]

夏休み突入し前半がそろそろ終わります。今年は月齢と流星群の関係で前半は星メイン、後半は鳥メインで行動しよう考えていてその前半の星見は先日のペルセウス座流星群で終わりです。その星見の帰りにも体力が許す限り鳥見をしていましたのでまとめてアップします。
まずはコサメビタキの成鳥です。幼鳥もいますのでまだしばらく楽しめそうです。 
DSC_5230.jpg
こちらはサンショウクイ。チョリチョリと独特の声で鳴くので見つけやすいのですが空抜けばかりで写真には厳しいです。 
DSC_5378.jpg
5~6羽の集団で行動してます。同じところをぐるぐる回っていましたので飛んでる姿をパチリ。 
DSC_5428.jpg
そして私の住む場所での代表的な夏鳥といえばやはりキビタキです。ここ1か月ほど子育てのためかなかなか姿を見れなかったのですがここ数日はよく出てくれるようになりました。
良いところに止まってポーズを取ってくれるオレンジの鮮やかな綺麗な個体です。 
DSC_5738.jpg
サービス精神が旺盛でしばらくじっとしてくれます。 
DSC_5778s.jpg
やっぱりキビタキはいいですね。 
DSC_6302.jpg
 こちらはセンダイムシクイです。すばしっこくてなかなかファインダーに収めるのが大変です。
DSC_5865.jpg
上の写真を撮った翌日、同じ個体だと思うのですがこの日は落ち着いていました。ムシクイの気分次第ってことですね。 
DSC_6783.jpg
 他にはメジロやヤマガラなどいつもの鳥にエナガなどです。
DSC_6656.jpg
最後におまけですが4羽のメジロがポーズを決めていてまるでアルバムのジャケットみたいなのでアップします。
※追記:思い出しました。BOOWYの”GIGS”というアルバムのジャケットに似ています。高校のとき大好きで聞いていました。
DSC_5980.jpg
夏休みも後半に入りますが台風が近づいており天気が心配です。

ペルセウス座流星群 [天体]

いよいよ夏休み突入です。鳥と星三昧したいところなのですが月齢と天気があまり思わしくなくどうしようか悩むところです。 
とりあえずまずは夏休み恒例となったペルセウス座流星群です。ここ数年まともに見れてないので今年は気合を入れてチャレンジです。12日~13日に掛けてがピークなのですが月の関係で早めの方がよさそう。そこで11日と12日の夜にチャレンジすることにしました。
11日はGPV雲量予報では関東全域で厚い雲に覆われる予報。しかし他の天気サイトやリアルタイム投稿などを見ると伊豆の方は少しは期待が持てそうです。そこでいつもの天城高原へGo。到着時は少し雲があるものの晴れ。来てよかったと思っていたのも束の間、あっという間に霧に覆われてしまいました。霧が晴れることを期待して待つもののそのまま晴れずに薄明を迎えてしまいました。初日のチャレンジは失敗です。
そして極大の日。今回も関東の天気は最悪のままです。そして観測場所はやはり天城高原に絞り再チャレンジです。
到着すると雲は多いものの月は見えています。あまりにも綺麗な月なので思わず撮ってしまいました。
D500,400mmF2.8+2倍テレコンをトリミング, 1/100,F7.1,ISO400
DSC_5187rs.jpg
雲も多いですが月明りもあり星があまり見えません。前日の疲れもあり仮眠を取ること1時間。目を覚ましてみると、雲はすっかり晴れ雲量ほぼゼロ。 
早速固定撮影カメラをセットしてとりあえず撮影開始。今回は天の川を追尾しようと思っていたので赤道儀もセットし試し撮りでアンドロメダを撮影です。そのアンドロメダを狙っている写真です。
DSC_1798.jpg
時々雲が流れてくるので思ったより綺麗には撮れませんでしたがそれなりに撮影できました。 
DSC_5205psrs.jpg
そして赤道儀に超広角レンズのカメラにつけかえ天の川を狙って撮影開始。私はハンモックで寝ながらの観測です。
小さな流星は数分おきにたくさん流れています。ただ流れる速度が速くて写真は厳しそうです。また、大きめの痕が残るようなのも5分おきに流れていて、ここ数年で一番いい感じです。
ただカメラを向けた方向には流れないのがジンクス。幸い写っていた一枚がこちらです。
D7100,11mm(換算16mm),180sec追尾撮影,F4,ISO3200 
ペルセウス流星群16S.jpg
音が聞こえそうなくらい大きなやつで痕が流れていくのがはっきり見える流星でした。ちょうどこの流星が流れる直前に流星を見に来た親子がいてどっちに見えるのかなど聞かれて説明したあとにこの大きいのを見て感動し満足して帰っていきました。これだけで満足できる大きな流星でした。ちなみに右上のアンドロメダの下に小さなのも写っていたりします。
しかし写真は星の数が多すぎますね。ソフトフィルターを使おうかなと思っていたのですが湿度が高いので途中でフィルターが曇ることを恐れて使わなかったのが失敗です。次に生かしたいと思います。
満月に近くなりますのでこの夏の星観測はこれが最後です。写真はイマイチですが眼視で十分に堪能できた流星群でした。

おまけですが観測地から帰宅途中に鹿と衝突してしまいました。衝突後すぐにシカは逃走しましたのでシカのケガ状態はわかりません。車は幸いヘッドランプの割れと左ドアの凹みで済みまは車両保険で修理できるとのことなので良かったのですが・・・
飛び出してきたというより並走して体当たりしてきた感じです。何か気に入らなかったのでしょうか? 
DSC_5164.jpg
よく見ると割れている形がシカの頭の形に見えたりします。(左側を向いています)
そう思っているのは私だけかな?
ちなみに修理代は約43万!だそうです。エコノミーでないフルの車両保険に入っていて良かった。