So-net無料ブログ作成
検索選択

GWプラスワン [野鳥]

まだ休みなのかと言われそうですが実は本日月曜日がGW最終日です。平日の休みということで先日行った遠征先に再度行ってみました。

遠征というと何か撮って帰らないという思いが強くどうしても確実に出る鳥ポイントに居座ってしまいあまりチャレンジをしていませんでした。先日コルリを待っている間に実感したのは自然相手なのですから見れなくて当然、見れればラッキー。それが私の鳥見スタイルなんだなぁとシミジミと感じていましたので今回は初めから歩きでの鳥見すると決め遠征に臨みました。

林道に入りいつも居座る鳥見ポイントを横目に上がると道路を横断する鳥を発見。シロハラのような動きでしたが遠く確認できません。カメラで見るとコマドリでしたがこちらに気が付いたのか道路脇の笹藪の中へ。

DSC_6392.jpg

その藪の中から今度は別のコマドリが飛び出して来ました。どうやら縄張り争いが始まったみたいで道路を挟んで左右の藪を2羽のコマドリが飛び交っています。速くてカメラでは追えないので暫く様子を見ることに。
そして2羽が飛び込んだ藪からまた別の一羽が飛び出して近くの倒木の上に止まりました。争っている2羽は私の後ろで引き続き争っているのですがそれの様子を伺うように静止してくれました。ラッキー
DSC_6447.jpg
朝一番に誰も歩いていない林道はこんな感じだったんですね。歩いて良かった。
そして林道をさらに登ると谷底で囀るコマドリも発見。かなり遠いですが念願の尾っぽを広げる姿を見ることができました。
DSC_7389.jpg
そして木の上からはコルリの声。ここはまだ葉っぱが生えて無いのですぐにその場所が確認できます。
DSC_6583.jpg
良い腹しています。
DSC_6499.jpg
青つながりでアオバト。
DSC_6641.jpg
こちらは写真の上下が逆なのではありません。
DSC_6762.jpg
そしてこのゴジュウカラを追っている時に隣の木を歩くキバシリを発見。
DSC_6721.jpg
その周辺の木を渡り歩きながら虫を取っていました。
DSC_6752.jpg
こちらはまた別のキバシリ。虫を食べずに咥えたまま餌探しをしていました。近くに雛がいるんでしょうか?
追ってみましたが残念ながら林の奥へと消えていきました。
DSC_7591.jpg
こうやって見ると保護色なんですね。動かないと気が付かないかも。
DSC_7529.jpg
ということで前回とは違った鳥の姿や逢えなかった鳥に出逢うことができました。朝一番に誰も入っていない時の鳥の気配の濃さ。これは病みつきになりますね。
毎回こうなるとは思いませんがこのスタイルが私には似合っているのかもしれません。
※5/11追加
DSC_6427.jpg
DSC_6370.jpg

GW後半の鳥さん [野鳥]

GW後半の鳥さんです。といってもほとんどはコルリに費やしたので他は殆ど回っていないので少しだけ。

まずそのコルリですが本日も夜明け前の暗い時間に少し顔を出してくれました。F4、ISO6400、シャッター速度1/10というかなり暗い中での写真です。シャッター速度を稼ぐため撮影時に露出補正で-1で撮影し現像時に+1にしていますので実質はISO12800相当になります。

DSC_5834.jpg

ここまで暗いと写真になりませんのでまた動画での撮影です。動画では1/30を維持するためにISO25600~51200という超高ISO設定での撮影となりました。
ここまで囀っているってことはここで夏を過ごすつもりですかね?
次はキビタキです。最近は新緑の葉が多くなってきたので前後ボケに使っての撮影が多くなっています。
DSC_4843s.jpg
DSC_4823.jpg
こちらはクロツグミ。ガードレール越しの証拠写真レベルです。なかなか近寄れませんが出会えるだけでラッキーですね。
DSC_5885.jpg
あと久しぶりにリュウキュウサンショウクイに遭遇。ヒリヒリと鳴きながらだんだん近寄ってきてフレームに入らないほどまで大接近。後ろに下がりながらの撮影で近すぎてドアップ写真ばかりになってしまいました。
DSC_5958.jpg
DSC_6053.jpg
DSC_6055.jpg
DSC_6064.jpg
最後にカルガモの雛です。この日は2グループ、22羽確認できました。先日のマガモの雛は残念ながらだんだん減っていったらしく今は姿を確認できなくなっていました。
DSC_6231.jpg
DSC_6322.jpg
今度は無事成長してほしいですね。
長かったGWも終わりです。もう少しいろいろやろうかと思っていましたが鳥見だけで終わったな休暇となってしまいました。鳥がいたんだからしかたないですよね。

石の上にも [野鳥]

子供の頃からあまり根性とか忍耐とか好きではなく出来れば楽をしようと行動していたのですが気が付くと茨の道を進んでいくことが多かった気がします。特に高校の時は一番楽な部活を選ぶつもりが迷っているうちに人数割の関係で一番厳しいとされていたバスケット部に所属することになっていたり、臨時サポートのために少し手伝った水泳部と陸上部長距離をフルで掛け持ちすることになっていたりと何故か自分を追い込む方向に進んでいたような気がします。卒業前に聞いた話では私に目を付けた恩師の策略だったようですが今考えるとこの時に忍耐力がついていたのかもしれません。

先日いつも通っている林道である鳥の鳴き声を聞きました。行くところに行けば逢える鳥なのですが身近な場所で出逢えるとは思ってもいませんでした。しかし確認できるのはその声だけ。姿を確認するのは無理かなと思ったとき偶然目の前に出てきました。

証拠写真レベルですがその時の写真がこちら。コルリです。

DSC_4696.jpg

もしかしたらもっと待ってみたらちゃんと見れるのでは?という思いが沸き上がり軽い気持ちで待ってみることにしたのですがこれが茨の入り口でした。
その後も目の前を横切る姿、葉っぱの生い茂る木の中を移動する姿、いい位置に留まるもカメラを構えた瞬間に飛び立つなど、何度も何度もニアミスです。ここまでニアミスすると後に引けなくなってしまいコルリとの根気比べが始まりました。
そして待つこと3日間。そのトータル待機時間は20時間以上になったときその瞬間が来ました。
DSC_4993.jpg
直ぐに飛ぶかと思ったのですが目より低めの高さの枝でウロウロ。結構近くでこちらが動くと逃げそうなので葉っぱ被りのままでの撮影です。
DSC_5048.jpg
こっちも向いてくれました。
DSC_5111.jpg
そしてこの枝に
DSC_5380s.jpg
そのままここで囀り始めてくれました。
DSC_5343.jpg
そして5分もの間この状態。折角なので動画でも撮影。いい声しています。20時間も近くで聞いていた囀りはこんな格好で鳴いていたんですね。
あとから写真を見直すと目の前に現れて15分もの間撮影をしていたみたいです。足が棒になりながら待った20時間の疲れが一瞬で吹き飛んだ15分間でした。高校の時に忍耐力をつけてくれた恩師に感謝です。
おまけですが近くにいたオオルリです。流石に並んではくれませんでした。
DSC_5430.jpg

カワガラス [野鳥]

またカワガラスの雛が出てきました。3週間ほど前に撮影したのとは別の場所です。以前から餌運びをする親を見ていたのでそろそろかなと思っていたのですがやっと出てきてくれました。しかし釣り人が入る場所なので雛が出ても直ぐに散りじりになってしまっていたようでこの場所で雛の姿を見つけることはできていませんでした。この日も釣り人は入っていたものの雛の姿を発見。なんとか撮影できました。

まず一枚目は餌をじらす親です。人を警戒してか、なかなか餌をくれません。雛を安全な場所に誘導しているのかもしれませんね。

DSC_4361.jpg

そんな親の気持ちを知ってか知らずか必死にクレクレアピールする雛
DSC_4154.jpg
時々1点病になって固まる場面も。
DSC_4527.jpg
雛でも多少の川の流れは平気で渡っていきます。
DSC_4229.jpg
丁度良い隠れ家を発見。親を呼ぶも親は無視です。
DSC_4281.jpg
上流の釣り人が川に入ったので私の目の前まで下ってきました。足の爪をみると鋭く大きいです。川の中を歩けるのはこの爪のおかげですね。
DSC_4495.jpg
DSC_4538.jpg
このあと何度か親から餌を貰い満足したのか崖の一角で片足あげて休憩。しばらくこのまま寝ていました。
DSC_4592.jpg
やっぱり雛はかわいいですね。
おまけですがこの林道を散策中にアナグマを発見。10mも無い距離なのですが餌取に夢中で逃げません。でも少し気になるみたいで時々こちらの様子を伺っています。少し間合いを詰めると近くの穴に逃げ込みました。どうやら巣穴もそこにあったようです。また逢えるかな?
DSC_4683.jpg
最後に我が家の巣箱ですがやっと雛が誕生しました。夜中に1羽がふ化し夕方までに8個中4羽ふ化しました。
親は餌やりや糞の処理を行っているのですが例年より手際が悪い。今年初めての子育てなのでしょうかね?
Record-2017-05-04_16-24-16.jpg
巣箱の様子は巣作り開始からずっと動画を撮り貯めていますがその容量が1TByteを超えてしました。GW中に整理しようかと思っていたのですが時間があると鳥見にでかけてしまいなかなか進みません。それ以前にこの休みで撮り貯めた写真の整理も進んでいません。そろそろ本気で写真・動画の整理しないと。

恒例の遠征 [野鳥]

GWに恒例となったコマドリ遠征です。

今年は地元でもコマドリを満喫できたので行くのを悩みましたが囀っている姿を撮りたいの思い行くことに。

ただ現地に着くといつもと様子が違いコマドリの出が悪く、さらにいつも出てくれるコルリを殆ど見ることができません。今年はいつもより少し遅くオールスターが揃ってないようです。そんな状態なので囀りを撮るというよりコマドリを何とか撮るといった感じの遠征となりました。

そんな中でも最低限のコマドリは出てくれました。少し尾っぽを上げてくれています。

DSC_2631.jpg

DSC_2811.jpg
姿勢を変える瞬間。少し足が浮いています。
DSC_2838.jpg
DSC_3683.jpg
この日は天気が良すぎて全体的に光が強いです。
DSC_3754.jpg
結局囀りは撮れませんでしたがコマドリは満喫できました。
その後少し山を散策しキビタキやゴジュウカラ、コガラ、ヒガラなどと出会えました。
DSC_2578.jpg
DSC_3882.jpg
花?らしきものを啄んでいるコガラですがおなかと頭が花粉で黄色くなっています。
DSC_3949.jpg
山をあるくと所々でコマドリの声は聞こえますがかなり遠いです。あと写真にはなりませんでしたがルリビタキもウロウロしていました。全体的に鳥の気配が薄く午前中で散策をやめて帰路につきました。
そしていつものほうとうで本日の遠征は〆です。
DSC_0341.jpg

タグ:コマドリ