So-net無料ブログ作成
野鳥&天体 ブログトップ
前の5件 | -

やっと天体観測 [野鳥&天体]

今週はやっと天体観測ができました。実は先週も天体観測に出かけていたのですが観測地に到着すると薄雲で観測出来ず。今週こそはということでリベンジしてやっと満天の星空下での天体観測となりました。


DSC_2353.jpg

今回は久しぶりというのもありいろいろな天体にカメラを向けてみました。月が沈んでから天文薄明まで僅か3時間しかないなかでちょっと欲張ってます。短時間でセッティングできるように今回はオートガイダーなしのノータッチガイドでの撮影。歩留りを上げるため露出時間を短くしてのトライです。
一番の目的がC/2015V2のジョンソン彗星。比較的明るくなっておりコア部分はレンズ越しでも見えるくらいの明るさです。
写真に撮ると右下に伸びるダストテイルが写りました。イオンテイルがダストテイルと反対方向に伸びているはずなのですが残念ながらそこまでは映しこむことはできませんでした。
400mm(換算600mm)、F3.2、ISO3200、120秒、5枚スタック
C2015V2.jpg
M31アンドロメダ銀河。バルジ部分(中心部分)が明るいこのような天体は露出時間を変えて数枚か撮るのがセオリーみたいなのですが横着をして同じ設定で撮影。じっくりと時間を掛けて綺麗に撮りたいですね。
400mm(換算600mm)、F3.2、ISO3200、60秒、10枚スタック
M31.jpg
M20三裂星雲(上側)とM8干潟星雲(下側)です。
400mm(換算600mm)、F2.8、ISO3200、30秒、15枚スタック
M20・M8.jpg
天の川のバルジ付近を少し広めに撮影。先ほどの三裂星雲や干潟星雲も含まれています。上の方にはバンビの横顔と呼ばれる星の集まりが写っています。しかし一体何個の星があるんでしょうね。
70mm(換算105mm)、F3.2、ISO3200、60秒、1枚撮り
DSC_0711.jpg
最後に超広角で垂直に伸びる天の川。織姫・彦星のベガとアルタイルがはっきり見えます。
そのベガの左側にヘルクレス座τ流星群由来らしき流星が写っていました。肉眼では5個ほど明るいの流星を見ることが出来たのですが撮影中に流れたのはこの1個だけでした。
11mm(換算16mm)、F3.5、ISO3200、60秒、1枚撮り
DSC_0724.jpg
久しぶりの徹夜は体に堪えました。と言いつつもその帰りに鳥見にいつもの場所に立ち寄ってしまいました。
その鳥見の中からまずはオオルリの巣立ち雛がいました。巣立った直後だったみたいです。
DSC_1513.jpg
近くに餌を咥えたメスの姿も。私が居たので餌を加えたまま私に対して威嚇していました。
DSC_1642.jpg
近くで見かけた雄です。お父さんですかね?
DSC_1016.jpg
こちらは巣材を持ったクロツグミのメスです。まだ巣作りの最中ですね。
DSC_0970.jpg
こちらはミミズを加えたままのクロツグミのオス。こちらは既に孵化しているのでしょうかね?
DSC_1159.jpg
子育てのシーズン真っ盛りな林道でした。

今週の写真 [野鳥&天体]

本格的な暑さですね。私の住んでいる周辺も今週末は39℃ととんでもない気温で湿度も高くまとわりつく暑さです。
そんな暑さのせいで昼間は天気が良いのですが夕方になると上昇した水蒸気で雲だらけになります。夏の流星群に備えてそろそろ星撮りの練習をしたいのですがこの感じでは今週末もやっぱりダメそうです。
でも待っていても好転しませんのでダメ元で晴れ間を探して伊豆方面を南下。途中は霧や雲など絶望的な状態だったのですがだんだん天気が回復し、奇跡的に天城高原は晴れ間が出ています。水蒸気が多く時々高層のうす雲が流れており星撮影には適しませんが肉眼で天の川を見れる状態です。
しかも途中がそんな天気だったせいで星観測のメッカである天城高原も今日は私一人。満天の星空を独り占めしてしまいました。
まず南西方向の夏の天の川です。ISO1600、F4、換算画角16mm、480秒解放
DSC_0770.jpg
うす雲が街明かりを反射し色被りだらけ。WBがなかなか難しいです。
こちらは天頂付近の天の川。左上の明るい星がアルタイル、その下の方にある明るいのがベガ。彦星と織姫ですね。
ベガのやや右にあるのがデネブ。夏の大三角形です。
右下側にカシオペアがあります。この方向で見るとMに見えますね。そのカシオペアの上の方に縦長に潰れて見える星がアンドロメダです。超広角なので歪んでいて解り難いですね。
ISO1000、F4、換算画角16mm、360秒解放
20150726_011406.jpg
撮影はカメラに任せハンモックを広げて星を眺めていると何個か流れ星が見えました。たぶんみずがめ座由来のものだと思います。残念ながら写真には写っていませんでしたが久しぶりの星見を満喫しました。
鳥撮りの方は少しだけ。こちらはセンダイムシクイ。
DSC_0675s.jpg
ウグイスの若だと思います。でもシッカリ鳴いていました。
DSC_0725.jpg
ホオジロです。
DSC_0954.jpg
今週もおまけです。
DSC_0974.jpg
ちなみに未修整の天の川です。
DSC_0770s.jpg

今週の写真 [野鳥&天体]

Lovejoy彗星が近地点を過ぎてコア部分がかなり明るくなっています。場所が解っていれば肉眼でも確認できるくらいの明るさです。
ただ尾は暗く肉眼では厳しいです。再来週の近日点を過ぎるともっと明るくなると思いますのでもしかしたら肉眼で確認できるかもしれませんね。
1/9 22時頃、換算450㎜、ISO1600、F3.5、60秒露光×10枚コンポジット。彗星を基準に重ね合わせており、そのためにまわりの星がちょっとだけ流れています。彗星の動きと星の動きが違うのでこのようになってしまいます。
この日はまだ月明かりの影響が大きくて尾が薄めです。
150109_214624.jpg
1/10 21時頃、換算450mm,ISO1600,F3.5,90秒。こちらは月の出る前の時間に撮ったもので比較的綺麗に尾が出ましたのでコンポジットなしの1枚ものにしました。ノイジーですが尾が分かれており結構伸びているのが確認できます。
丁度飛行機が写っていますので彗星の大きさがイメージ出来るかと思います。こうやってみるとコア部分は結構大きいというのがわかりますね。
Lovejoy強調3.jpg
そして昼間は鳥見。今週も歩きメインです。
DSC_5310.jpg
DSC_5402.jpg
ミヤマホオジロも出てきてはくれるのですが地面が殆ど。しかも草の中に隠れるので中々シャッターチャンスがありません。
DSC_5676.jpg
今週はフレンドリーなルリビタキ♀を発見。
DSC_5802.jpg
こちらは換算630㎜ノートリです。しばらくは遊んでくれそうです。
DSC_5811.jpg
こちらは別の場所に集団飛来したイカルです。
DSC_5887.jpg
そのイカルを狙ってかノスリが低空飛行していました。
DSC_5940.jpg

今年も1年有難うございました [野鳥&天体]

今年も1年が終わってしまいました。みなさんのおかげで充実した鳥見ができました。
本当にありがとうございます。
今年は星見も本格的に始めたせいで少し鳥見の時間が減りましたがともに充実した1年となりました。
今年最後の写真です。
まずは星ですが先日から追っているLovejoy彗星です。一時期尾が広がり短くなったのですがまた細く長くなっています。日々尾の形が変わっているみたいですね。
そのLovejoyを追っている写真の中の1枚です。左下のM79うさぎ座球状星団とLovejoy(C/2014Q2)と散在流星が写った写真がありました。今年最後を〆る星写真として良い一枚が撮れました。
Lovejoy141230.jpg
鳥見の〆は林道です。いつものお山にも行ったのですが鳥が少なくて林道の写真ばかりです。
まずはベニマシコ
DSC_1545.jpg
人目を気にせず目の前で餌取りしてます。
DSC_1651.jpg
DSC_1677.jpg
そしてルリビタキ。林道には♂♀ともにかなりの数が入っているようですね。
DSC_1692.jpg
DSC_1700.jpg
そしてカワラヒワ
DSC_1762.jpg
これで赤青黄色コンプリートです。
帰りに別の赤が頭の上を通過して行きました。
DSC_1816.jpg
今年の写真はこの辺で。
それではよいお年を!

11月の写真 [野鳥&天体]

平地の葉っぱもすっかり紅葉しましたね。近くの山のイチョウも綺麗に染まっています。
ここの所、いろいろと用事が重なって星見も鳥見もちょっとだけ。しかも鳥の出が悪く冬鳥との出逢いもありません。
そう思って振り返ると11月の写真が殆ど無いと言う事で11月をまとめてアップします。
まずは最近の天体のちょっとした写真。普通の半月の写真なのですがここにXの文字が浮かび上がる事を最近知りました。そこでさっそく撮影。
DSC_7625全体.jpg
上の写真じゃ解り難いので等倍切り出しです。中央やや左下に+の文字が浮かび上がっています。写真の向きが斜めですので+に見えますがこれが月面Xだそうです。半月の時に思い出してみてください。
DSC_7625等倍.jpg
天体写真の方は以前のトラブルもほぼ解決し幾つか写真を撮っています。ただ新しい天体と言うより練習と効果を見るために同じ天体の写真ばかりで目新しいものはあまりありません。
まずはアンドロメダです。以前より雲の模様がはっきりと捉えられるようになりました。
アンドロメダs.jpg
こちらはスバルです。以前より星雲部分が綺麗に撮れるようになりました。
subaruS.jpg
こちらは一枚撮りの馬頭星雲。本当はコンポジット予定が霧が出てきて1枚しかうまく撮れていませんでした。
馬頭.jpg
そしてバラ星雲。何となく写っていますが無改造のD7100では厳しいようです。星雲の赤の波長が赤外線カットフィルターでカットされてしまい綺麗に赤い雲が出ません。赤外線カットフィルターを外してしまう改造が天体写真の世界では普通になっているようですが・・・怖い世界です。
DSC_7664.jpg
機材のセットにも慣れ30分程度でセットアップが完了できるようになり、また画像処理もある程度コツがつかめるようになってきました。ただ現状はPhotoShopを使った手動での補正。一枚仕上げるのに結構時間が掛ってしまっていますのでそろそろ専用ソフトを買うか悩んでいる所です。
これら写真は近場で済ませているのですがそろそろ綺麗な星空を求めて遠征でもしようかと思っています。もちろん鳥撮りとセットです。
そしてその鳥の方ですが11月に入り鳥との出逢いが無かったのですがやっと最後の週にやっと冬らしい鳥に出会うことが出来ました。
まずはウソです。一昨年のような大群ではありませんが4~5羽程度の群れが2~3か所で確認できました。
DSC_7705.jpg
やや赤いのも混じっています。相変わらずすごい勢いで桜の蕾を啄んでいます。来年の春の桜が心配です。
DSC_7943.jpg
そして今の時期に一番遇いたい鳥がルリビタキ。雌ですがやっと出合うことができました。
まだ来て間もないのか警戒心が強く人を見つけると林の奥に隠れてしまいます。逃げ込む場所は暗い場所ですので写真撮影は厳しいですね。
DSC_8087.jpg
ただ、よく地鳴きしてくれますので居場所は判りやすく、じっとしていると時々接近できたりします。
DSC_8179.jpg
DSC_8192.jpg
雄も出ているとのことですので早く雄に遇いたいですね。

前の5件 | - 野鳥&天体 ブログトップ