So-net無料ブログ作成
検索選択
野鳥&天体 ブログトップ
- | 次の5件

今週の写真 [野鳥&天体]

やっと梅雨が明けました。しかし暑すぎです。覚悟はしていましたが流石に厳しい暑さです。
とは言っても2か月ぶりに休日での快晴、しかも月の周りも良いと言う事で暑いといってられません。
ここ2か月は機材メンテナンスだけで我慢してきましたので久しぶりに自宅から30分の山へ星見に出かけました。
まずは天の川。彦星、織姫ことベガ・アルタイルがはっきり見えます。
ISO1600、11㎜(換算17㎜)、F4、30秒ガイド撮影、6枚加算合成、ソフトフィルター使用
DSC_8961_1s.jpg
こちらはアンドロメダ銀河
ISO1000、300㎜(換算450㎜)、F3.5、約120秒ガイド撮影、1枚撮り
DSC_8935s.jpg
メンテナンスでガタ詰などを行った機材のテストもしたかったのであまり欲張らずに星撮影はこの辺で止めました。
あとは夏休みの楽しみにしたいと思います。この星見をしている間、近くで鵺の声がずっとしていました・・・留鳥なんですかね?
そしていつもの鳥見。来るのは馴染みの鳥ばかりです。
DSC_9105s.jpg
そんな中動きの違う1羽を発見。
まだ幼い羽根が残るコサメビタキの幼鳥です。親は何度も見ていましたが涼しい所に渡らず営巣したようですね。
警戒心が強くなかなかベストショットを決めさせてくれません。
DSC_8183.jpg
また来てくれるかな?
そして少し足を延ばしアオバズク。子供が活発に動いていました。
DSC_8678s.jpg
通行人が通るたびに気になるようで目を見開いてみていました。
DSC_8855s.jpg
さらにもう少し足を延ばしてアオバト狙いで海へ
時間が遅かったこともあり数は少なかったです。
DSC_9291.jpg
DSC_9345.jpg
よく考えたら殆ど寝てませんね。こんなんで明日からの1週間体が持つんでしょうかね?
他人事のように思いながら今夜はビールを飲んで早く寝ます。

今週の天体と野鳥 [野鳥&天体]

今週は新流星群として期待されるキリン座流星群を見に富士山周辺に出かけました。
初めは標高1000m付近の2合目から観察しようと思っていたのですがすっぽり雲の中。この雲の上に出ようとどんどん昇っていくこと約1400m、結局標高2400mの5合目に到着してしまいました。しかし低層の雲の上に出るには出たのですがさらに上に高層の雲がかかっており星観測には適さない天候です。それでもカメラをセットし流星観察をしました。
そして21時過ぎかなり明るい光が目に飛び込んできました。こちらに向かってくる火球だと思われます。
下の写真の右下がそれです。ちなみに左上は流星ではなくイリジウムフレアという人工衛星の太陽光パネルの反射だと思われます。あまりにも速度が遅いので流星とは違うことがわかります。
名称未設定 1 (2).jpg
そして右下部分を拡大するとこんな感じです。こちらに向かってくる方向なので尾が短く明るく光る流星です。短いながらも尾の方向からキリン座流星群の可能性が高いですね。
DSC_3862.jpg
この他にも大きな火球を見れましたが写真に撮れたのは上一枚だけ。そして再び厚い雲に覆われてしまいました。
次に晴れ間が出たのが夜中の2時過ぎ。流石に流星群は観測できない時間ですので普通に撮影し星観測を終了しました。
DSC_4018 (2).jpg
折角5合目に来たので明るくなるまで待って鳥見です。
富士山の夏と言えばルリビタキですね。かなりの数が鳴いていました。ただカラマツの中で囀っていますのでなかなか姿を確認できません。時々飛び出してきてくれたところを撮影です。
下の写真はルリビタキ♀です。後ろの白いのは雪です。
DSC_4179.jpg
♂も時々出てきてくれます。久しぶりのルリビタキですね。
DSC_4265.jpg
他はヒガラが沢山いました。
DSC_4281.jpg
富士山をだんだん下りながらルリビタキの声を確認していたのですが4合目あたりまでは声が聞こえますが3合目になるとほとんど聞こえません。2合目まで降りてくると今度はキビタキやオオルリの声が聞こえます。この辺が境目なんでしょうね。
夏冬色々な鳥が見れて面白いです。この日は眠さと疲れで早めに切り上げて帰路につきましたが、こんどゆっくり鳥探しをしてみたいと思います。
DSC_3621s.jpg
ちょっとおまけですが別の場所で撮った鳥です。いよいよ夏鳥本番ですね。
DSC_2974s.jpg
DSC_2997s.jpg
DSC_3003s.jpg

- | 次の5件 野鳥&天体 ブログトップ