So-net無料ブログ作成
検索選択

薪割り [旅行]

今週は那須へお出かけ。既に引退されていますが会社の大先輩のAさんの別荘へお出かけです。
以前は年に1~2回程度は行って薪割りや様々なお手伝いしつつ釣りやりスノボなどで遊んでいたのですがここ7~8年ほど行けておらずかなり久しぶりの訪問となりました。 
場所は那須岳こと茶臼岳を望むことができる場所。冬は那須おろしが吹いてくる寒さの厳しい場所ですがその寒さを凌ぐのに必須なのが薪ストーブ。今回はその薪ストーブの燃料となる薪の薪割りが主な目的です。
DSC_0044.jpg
久しぶりの母屋の外観は那須おろし対策の外窓が追加されていました。
DSC_0135.jpg
内装は掘りごたつが囲炉裏に変化。かなり進化しています。 そして真ん中左側の黒いのが薪ストーブです。
外気温マイナスでも室内で半袖で過ごせるくらい温めることができるだけの熱量があります。薪ストーブの凄さです。 
DSC_9863.jpg
そして薪割り。 
DSC_9981.jpg
今回は若い衆を引き連れての薪割り。写真は初体験のMくん。初めはなかなかうまくいきませんが後半はすっかり慣れて軽快に割っていました。
DSC_9856.jpg
こちらはクサビでお手伝い。クサビなら女の子でもある程度イケます。
DSC_9884.jpg
節のある割れにくいやつは油圧の薪割り機を活用。 
DSC_9870.jpg
そして人海戦術で一冬越せそうなくらいの薪ができました。なぜかラック一杯の薪を見るとと安心します。 
DSC_0035.jpgDSC_9979.jpg
まだ丸太は残っていますがもう少し丸太のまま乾燥させてから割った方が楽そうなので今回はここまでです。 
夜は料理長のOさんの料理です。いつも料理はお任せです。
DSC_9889.jpg
サンマを焼きつつ夜の宴会です。これも楽しみの一つ。
DSC_9903.jpg
DSC_0028.jpg
火遊びをしながら夜を楽しみます。
DSC_0020.jpg
 こちらは人懐っこいコロ。癒してくれます。
DSC_9941.jpgDSC_0152.jpgDSC_9972.jpg
久しぶりの薪割りでしたが今回は若い衆のおかげでかなり楽に割ることができました。ただまだ割るべき丸太は沢山ありますのでまた近いうちに薪割りに行かないと。
おまけですがここに来ても一応鳥撮り。母屋の上の枝にとまったアオゲラの若鳥です。
DSC_0121.jpg
あとカケス。カケスは集団で飛んでいます。
DSC_0137.jpg
他にはエナガ、コゲラ、アカゲラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒガラ、カワラヒワ、エゾビタキ、ガビチョウにウグイスにオナガにモズ。
まだまだ葉っぱが多いので写真にはなりませんでしたが定番の鳥たちが飛び回っていました。

タグ:那須 薪割り

ちょっと山形へ [旅行]

今週はとあるアーチストのライブが目的で山形へ泊まりの旅行です。
ついでに山形の鳥見でもとも思ったのですが炎天下の車の中にカメラ機材を置きっぱなしにするのもなんですしライブで疲れてそれどころではないだろうとカメラを持たずに行ってきました。と言う事で今週は鳥はおあずけ。
出発前、500kmを超える長距離運転の為うなぎで体力補給です。
DSC_0086.JPG
 宿泊は天童という所で温泉と将棋の駒で有名な所だそうで電柱にはこんな感じの絵が。
DSC_0098.JPG
さらにマンホールにも。
DSC_0100.JPG
ライブは土日とも夕方からですので昼間は少しブラブラとして近くの温泉でゆっくりとして過ごしました。
湯上りに山形名物のさくらんぼとラフランスのサイダーで喉の渇きを癒しました。
DSC_0096.JPG
そして私の単純な頭で山形で一番初めに思い出すのが米沢牛。肉を食べには滅多に行くことは無いのですが折角なので米沢牛の有名店へ。
こちらではカウンターの席でシェフが目の前の鉄板で焼いてくれます。焼く前に焼き加減を聞かれるのですが特にこだわりの無い私。シェフにお勧めにを聞いてみるとミディアムレアがおすすめとの事ですのでそれで焼いてもらいました。
箸にてワサビと塩で食べるステーキは最高です。テレビで良く口の上で溶けたなどと言いますが初めてその感覚が判りました。
DSC_0107.JPG
と言う事でつまらない写真ばかりになってしまいましたがライブと温泉と食を満喫した山形旅行でした。チャンスがあれば鳥見も行きたいですね。
おまけですが帰りの高速のSAでこんなのを発見。キビタキだそうですが・・・。
DSC_0114.JPG

台湾旅行 その3 [旅行]

最後は夜市と人気のパワースポットです。
まずは夜市です。台北ではいくつか夜市があり今回はその中でも3大夜市に数えられる士林夜市(しりん夜市)と饒河街夜市(ラオホーがい夜市)に行きました。士林は地上部と地下に分かれており地下が食べ物屋さん、地上部が出店といった感じです。饒河街は地上部だけですが長さが500m近くあり左右の店だけではなく道の真ん中にも屋台が並んでいました。日本でいうお祭りの屋台な感じです。
共にお寺を中心に発展した屋台街で平日にも関わらずかなりの人。すれ違うのも大変なくらいとにかく人人人。
これが特別な日に開催しているのではなく毎日やっているそうですから驚きです。
写真は饒河街夜市。右にあるのがお寺です。
20150313_180630.jpg
中はこんな感じ。皆おまいりしています。
20150313_180918.jpg
そして屋台には多くの人が並んでいます。
20150313_190613.jpg
晩御飯はみなここで済ませているんでしょうかね?
20150313_191513.jpg
お好み焼きみたいですが味は・・・・
20150313_193702.jpg
そして有名なパワースポットである龍山寺です。ここも人だらけです。
20150314_102935.jpg
お賽銭代わりに線香を買います。10元です。
ここには7本の線香が入っていてこれを7か所にある香炉に入れていきます。日本の線香と違いかなり長いです。
20150314_094829.jpg
こちらが香炉です。煙がもくもくです。
20150314_095545.jpg
そしてえおみくじ。日本のおみくじと違い無料で行えます。
しかも3回まで引き直すことができるみたいです。妻は一発目で大吉でした。
私は・・・中中。まぁまぁだそうです。
20150314_102531.jpg
以上が台湾旅行記でした。
全体的に町にはゴミがほとんどなく綺麗でした。しかも日本語もある程度は通じる上に看板を見ると何となく意味が解りますので何とかなりますね。それにコンビニ(ほとんどが7-11)が多いので日常生活も困りません。
なかなか面白い国でした。一度はいかが?

タグ:台湾 台北

台湾旅行 その2 [旅行]

その2は台湾旅行での行った観光地です。
まずは九份(キュウフン)。こちらは雰囲気が千と千尋の神隠しで出てきた町の雰囲気に似ていると言う事で有名になった場所。昔は金の鉱山がありそれで栄えた町らしく山の斜面に作られています。
本当は夜景が綺麗な場所なのですが時間の都合で昼間の観光。正面に見えるのがお茶屋さんです。
20150312_150443.jpg
そのお茶屋さんでお茶です。高山茶という烏龍茶でこの辺では有名なお茶だそうです。
その烏龍茶の入れ方を店員さんが日本語で説明してくれます。良い香りの烏龍茶でおつまみもなかなかでした。
20150312_151351.jpg
次が十份(ジュウフン)。ここは天燈上げで有名な場所です。天燈は神様へのお願いを書いてそれを気球の要領で天高く上げるもの。
本当は旧正月に大々的な天燈上げが行われるのですが今回はその天燈上げではなく勝手に天燈上げが出来る場所での参加です。
先ほどの九份からローカル電車での移動で30分ほどの場所。その電車の走る線路の脇には天燈上げの出来る店が並んでおり200元ほどで上げられるみたいです。目の前ではカップルが天燈上げをしていました。
20150312_174135.jpg
今回はクラブツーリズムのツアーで申し込んだのですがそのクラブツーリズムでの他のコースのグループも集まり約300組の天燈上げとなりました。始まる前に獅子舞が踊ってました。
20150312_182912.jpg
そして天燈上げ。なかなか綺麗です。さて願いは届くでしょうか?
20150312_184809.jpg
こちらは国立故宮博物館。翠玉白菜や肉形石などが有名みたいです。
当然中は写真が撮れませんので外の写真。
20150313_100632.jpg
建物も綺麗ですね。かなり大きく2時間の観光時間はあっと言う間に過ぎて行きました。
20150313_101403.jpg
こちらは国民革命忠烈祠。戦没した英霊を祀る祠だそうです。ここも建物が色鮮やかで綺麗ですね。
20150313_105712.jpg
そして最後がフリー時間を使っての台北101。ここから花火が上がるのが有名です。高さ449m。
まわりに大きな建物が無いのですごく大きく感じます。
20150313_145906.jpg
そして折角来たので展望台に上ってみました。
20150313_155514.jpg

タグ:台湾 台北

台湾旅行 その1 [旅行]

久しぶりの海外旅行。妻と行く海外旅行は3回目です。北の端と南の端を堪能したので今回は台湾と比較的近めの場所に行ってきました。
今回は台北周辺のみ。ほとんどの予備知識なしに海外のノスタルジックな雰囲気を味わうには程よいかなと思い選びました。しかも現地ガイド付きで良さげな観光地をつまみ食いするツアーです。
台湾と言えばまず食です。中でも小龍包。日本にも出店している鼎泰豊(ディンタイフォン)や現地での有名店での食を堪能。台湾料理・点心を堪能しました。
20150314_110621.jpg
あと最近有名らしいマンゴーかき氷。行った日の気温が20℃越えでしたのでおいしく頂けました。
20150313_135352.jpg
その食を支えるのが至る所にある朝市です。こちらはホテルから歩いて数分の所にある肉専門の市場です。
肉だらけで日本じゃ見ないような部位まで売っています。
20150312_093104.jpg
その近くには野菜や魚を売っている市場。さらには普通の生活用品や服まで売っています。朝7時くらいから店が広がりますがその時間でも人が沢山います。
20150313_074047.jpg
20150314_121645.jpg
ちなみにこちらが現地の通貨、新台湾ドル(NT$)こと台湾元です。いった当時のレートが約4円=1元でした。
20150312_071910.jpg
こちらは地下鉄のチケットです。IC内蔵のコインになっています。
20150313_172804.jpg
入るときはこのコインをかざすだけです。出るときは反対側にコインの投入口があるので投入すれば出れます。
再利用しているみたいなので無駄が無いかもしれませんね。
20150312_090258.jpg
地下鉄は最近できたばかりでかなり綺麗です。しかも安い。大人で20元(80円)からで高くても60元(240円)です。
台北市内を網羅していますので台北観光にはいいかもしれませんね。
こちらはホテル近くの公園です。こkは太極拳で有名な場所らしくさまざまな太極拳のグループがいました。
飛び込みで真似しても良いとの事で日本人観光客っぽい若い人たちが真似して仲間に加わっていました。
20150314_071833.jpg
といったのが台湾の基本的な日常です。
なんとなく日本のような雰囲気もあり看板も漢字で何となく読めたりとヨーロッパとは違ったノスタルジックな雰囲気を味わえます。
20150314_122227.jpg

タグ:台湾 台北