So-net無料ブログ作成
検索選択

やっと天体観測 [野鳥&天体]

今週はやっと天体観測ができました。実は先週も天体観測に出かけていたのですが観測地に到着すると薄雲で観測出来ず。今週こそはということでリベンジしてやっと満天の星空下での天体観測となりました。


DSC_2353.jpg

今回は久しぶりというのもありいろいろな天体にカメラを向けてみました。月が沈んでから天文薄明まで僅か3時間しかないなかでちょっと欲張ってます。短時間でセッティングできるように今回はオートガイダーなしのノータッチガイドでの撮影。歩留りを上げるため露出時間を短くしてのトライです。
一番の目的がC/2015V2のジョンソン彗星。比較的明るくなっておりコア部分はレンズ越しでも見えるくらいの明るさです。
写真に撮ると右下に伸びるダストテイルが写りました。イオンテイルがダストテイルと反対方向に伸びているはずなのですが残念ながらそこまでは映しこむことはできませんでした。
400mm(換算600mm)、F3.2、ISO3200、120秒、5枚スタック
C2015V2.jpg
M31アンドロメダ銀河。バルジ部分(中心部分)が明るいこのような天体は露出時間を変えて数枚か撮るのがセオリーみたいなのですが横着をして同じ設定で撮影。じっくりと時間を掛けて綺麗に撮りたいですね。
400mm(換算600mm)、F3.2、ISO3200、60秒、10枚スタック
M31.jpg
M20三裂星雲(上側)とM8干潟星雲(下側)です。
400mm(換算600mm)、F2.8、ISO3200、30秒、15枚スタック
M20・M8.jpg
天の川のバルジ付近を少し広めに撮影。先ほどの三裂星雲や干潟星雲も含まれています。上の方にはバンビの横顔と呼ばれる星の集まりが写っています。しかし一体何個の星があるんでしょうね。
70mm(換算105mm)、F3.2、ISO3200、60秒、1枚撮り
DSC_0711.jpg
最後に超広角で垂直に伸びる天の川。織姫・彦星のベガとアルタイルがはっきり見えます。
そのベガの左側にヘルクレス座τ流星群由来らしき流星が写っていました。肉眼では5個ほど明るいの流星を見ることが出来たのですが撮影中に流れたのはこの1個だけでした。
11mm(換算16mm)、F3.5、ISO3200、60秒、1枚撮り
DSC_0724.jpg
久しぶりの徹夜は体に堪えました。と言いつつもその帰りに鳥見にいつもの場所に立ち寄ってしまいました。
その鳥見の中からまずはオオルリの巣立ち雛がいました。巣立った直後だったみたいです。
DSC_1513.jpg
近くに餌を咥えたメスの姿も。私が居たので餌を加えたまま私に対して威嚇していました。
DSC_1642.jpg
近くで見かけた雄です。お父さんですかね?
DSC_1016.jpg
こちらは巣材を持ったクロツグミのメスです。まだ巣作りの最中ですね。
DSC_0970.jpg
こちらはミミズを加えたままのクロツグミのオス。こちらは既に孵化しているのでしょうかね?
DSC_1159.jpg
子育てのシーズン真っ盛りな林道でした。

今週の野鳥 [野鳥]

先週巣立った我が家の巣箱ですが巣立つ前から別の個体が下見をしていましたので直ぐに入居するかと思っていたのですが結局そのまま姿を見せなくなってしましました。去年は巣立った翌々日には入居していたので直ぐに入るかなと思っていましたが駄目だったようです。今年は一組かな。

鳥見ですがまずはミソサザイ。

巣材を運ぶ姿を見ますのでこちらも巣作りの季節ですね。

DSC_0250.jpg

クロツグミはかなりの数はいるのですが相変わらず証拠写真。
いつもの大声ではなく小さい声で呟くように囀っていました。メスが近くにいるのかな?
DSC_9586.jpg
ヤブサメはたまたまファインダーを向けているところに止まっていました。
DSC_9991.jpg
いつもの場所では5個体ほどのオオルリがいつもほぼ同じ場所で囀っています。土曜日はその場所にいたのですが翌日の日曜日にはその姿が全く見れません。探すと餌を運ぶ姿や低い位置に止まっていました。
DSC_0270.jpg
近くには♀の姿も。
DSC_9980.jpg
営巣が始まったのかもしれませんね。
こちらはサンショウクイです。
DSC_0026.jpg
おなかがグレーですのでリュウキュウサンショウクイですね。
DSC_0081.jpg
そしてキビタキです。
DSC_0544.jpg
コゲラも一心不乱に掘り進んでいました。
DSC_0623.jpg
みな巣作りの季節ですね。

巣立ち [野鳥]

今日は我が家の巣箱から。その住人のシジュウカラですが今朝無事に巣立ちました。

3/2に下見をして3/27から巣作り開始しました。その頃は丁度天候不順で巣作りがなかなか進まなず1週間程度でできるところが2週間程度かかっていました。

そして4/11に1個目を産卵。10日間かけて8個の卵を産み4/21から抱卵開始。温めること13日目の5/4の朝に1羽目が誕生し次々に生まれて最終的に6羽となりました。残念ながら2個の卵は孵化することはありませんでした。

それからお父さんとお母さんの餌運びの日々。そして17日目の本日巣立ちとなりました。

こちらは巣立ち前の巣箱の様子です。生まれたときは鳥だかなんだか判らなかったのですがこの位まで育つとかわいいですね。

SnapShot(2).jpg

今朝から巣立ちまでの様子を2分ちょっとの短縮動画で
巣立ち後ですがまだ家の周りをウロウロ。1羽は玄関にあるヤマボウシの木の中でじっとしているところを発見。
DSC_9526.jpg
バラバラになった子供を親は探して餌を与えていました。大変ですね。無事そだってください。
今年新調した巣箱に営巣するか心配でしたがどうやらその心配は必要する必要はなかったようです。また巣箱と共新調した暗視機能付き巣箱内カメラも大活躍で今まで見れなかった夜間の巣箱内の様子も見れて新しい発見も多々ありました。少し改善点もありますが来年も活躍してもらいます。
これで我が家の巣箱から38羽が巣立ったことになりました。何羽が元気なのかとても気になりますが知る由もないですね。
話変わってこちらはいつもの場所での鳥見です。
まずはミソサザイ。元気に囀っていました。
DSC_9037.jpg
こちらはカワガラスの子供。2週間前と同じ個体かはわかりませんがかなり黒くなっていました。
丁度花の咲いた苔の上に立ってくれました。
DSC_9066.jpg
ちょっと若いキビタキです。
DSC_8563.jpg
別個体のキビタキ。こちらは比較的綺麗な色をしています。
DSC_9358.jpg
ちょっと証拠写真レベルですがクロツグミです。なかなか良いところに出てきてくれません。
DSC_8006.jpg
今日は関東でも真夏日だそうでかなり暑い一日でした。水が恋しくなりますね。
DSC_9138e.jpg

鈴鹿の奇跡 [マイレッジ]

今週は鳥はお休みで鈴鹿に行ってきました。エコマイレッジチャレンジという燃費競技大会の参加です。

以前は昭和シェルマイレッジマラソンとして鈴鹿サーキットで行われておりそちらに参加していましたが2000年を最後に幕をおろしました。その後HONDAエコマイレッジチャレンジの地方大会という扱い鈴鹿大会が行われていましたがこの大会になって参加を見合わせていました。それから15年後の2015年から鈴鹿大会にも参戦しています。

1年目の2015年は3周目でリタイヤ。2年目の昨年は走行前のトラブルで全く出走できずリタイヤでまともな成績が残せていません。今年は少なくとも3周以上は回ろうというかなり控えめな目標でのチャレンジです。

しかし朝から大雨。雨だと走行も難しくなるうえにマシントラブルも付き物。天気も味方をしてくれません。

DSC_7751e.jpg

そしてまたマシンの方もトラブル発生。朝は順調だったのですが練習走行直前にエンジンスターター関連の回路トラブルでエンジンがかからなくなってしまいました。このエンジンのスターターは少し特殊な構造となっておりモーターへの負荷がかなり大きめ。これを軽減させるために特殊な回路を付けているのですがこれが故障してしまいました。
昨年のマシントラブル悪夢再びかと思ったのですが最低でも出走は果たそうと応急処置を実施。これによりモーターが焼き切れるかバッテリーが無くなるかという爆弾を抱えた状態となってしまいました。
さらにこれらトラブル対応で練習走行も走れないままぶっつけ本番です。
DSC_7791e.jpg
DSC_7784.jpg
もう一つ心配なのが天気。本番前にはほとんど雨は止んだものの路面は完全ウェットです。
皆見ているのはピット内にあるコースの様子を映すカメラのモニター。
DSC_7803e.jpg
そこに写るのはコース内でスピンするマシン。こちらは第二コーナーなのですが中央上側の1台はスピンして停止してるマシンが映し出されています。ここでスピンする車が多かったので路面にオイルがこぼれているかもしれません。
DSC_7804e.jpg
いろいろと不安を抱えたまま我々のエントリーしている一般クラスのスタート時間となりました。
一発目のエンジンは無事掛かりスタートラインを越えられました。これで昨年よりは進歩
DSC_7821e.jpg
そしてなんとか1周は回ってくれと願っているところに最終コーナーから立ち上がる姿を見たときはほっとしました。
DSC_7852e.jpg
それから2周目3周目とラップを重ね2015年を超え何とか目標はクリアー
DSC_7940.jpg
そして順調にラップを重ね
DSC_7917e_01.jpg
なんと完走まで果たすことに。これには正直びっくりするとともに大喜びです。
DSC_7947e.jpg
完走を喜びを味わいつつマシンを片付けを完了したあと心にも時間にも余裕があったので久しぶりに鈴鹿サーキットを散策してみることにしました。懐かしいゲートなどを見回ったあとパドックに戻ると丁度閉会式が始まりました。いつもなら閉会式は参加せずにそのまま帰るのですがタイミングが良かったので参加してみることにしました。
各クラスの入賞チーム結果発表が行われ我々の参加した一般クラスの発表が始まりました。1位2位は全国大会でも常にトップを争うチーム。まぁやっぱりなという感じです。
そして3位発表で我々のチームの名前が呼ばれました。正直私は自分のチームだと一瞬気がつかなかったほどです。チーム員と目を合わせて「呼ばれたよな」と確認。とにかくびっくり。
DSC_7979e_01.jpg
結局、不安の一つだった雨が味方をしてくれてギリギリを争うトップチームが総崩れ。御年64歳の超ベテランドライバーの堅実な走りで完走した我々に棚ボタで3位入賞が舞い込んだようです。
ということで鈴鹿では絶対にありえない好成績で終えることができました。いやぁ本当に奇跡です。

GWプラスワン [野鳥]

まだ休みなのかと言われそうですが実は本日月曜日がGW最終日です。平日の休みということで先日行った遠征先に再度行ってみました。

遠征というと何か撮って帰らないという思いが強くどうしても確実に出る鳥ポイントに居座ってしまいあまりチャレンジをしていませんでした。先日コルリを待っている間に実感したのは自然相手なのですから見れなくて当然、見れればラッキー。それが私の鳥見スタイルなんだなぁとシミジミと感じていましたので今回は初めから歩きでの鳥見すると決め遠征に臨みました。

林道に入りいつも居座る鳥見ポイントを横目に上がると道路を横断する鳥を発見。シロハラのような動きでしたが遠く確認できません。カメラで見るとコマドリでしたがこちらに気が付いたのか道路脇の笹藪の中へ。

DSC_6392.jpg

その藪の中から今度は別のコマドリが飛び出して来ました。どうやら縄張り争いが始まったみたいで道路を挟んで左右の藪を2羽のコマドリが飛び交っています。速くてカメラでは追えないので暫く様子を見ることに。
そして2羽が飛び込んだ藪からまた別の一羽が飛び出して近くの倒木の上に止まりました。争っている2羽は私の後ろで引き続き争っているのですがそれの様子を伺うように静止してくれました。ラッキー
DSC_6447.jpg
朝一番に誰も歩いていない林道はこんな感じだったんですね。歩いて良かった。
そして林道をさらに登ると谷底で囀るコマドリも発見。かなり遠いですが念願の尾っぽを広げる姿を見ることができました。
DSC_7389.jpg
そして木の上からはコルリの声。ここはまだ葉っぱが生えて無いのですぐにその場所が確認できます。
DSC_6583.jpg
良い腹しています。
DSC_6499.jpg
青つながりでアオバト。
DSC_6641.jpg
こちらは写真の上下が逆なのではありません。
DSC_6762.jpg
そしてこのゴジュウカラを追っている時に隣の木を歩くキバシリを発見。
DSC_6721.jpg
その周辺の木を渡り歩きながら虫を取っていました。
DSC_6752.jpg
こちらはまた別のキバシリ。虫を食べずに咥えたまま餌探しをしていました。近くに雛がいるんでしょうか?
追ってみましたが残念ながら林の奥へと消えていきました。
DSC_7591.jpg
こうやって見ると保護色なんですね。動かないと気が付かないかも。
DSC_7529.jpg
ということで前回とは違った鳥の姿や逢えなかった鳥に出逢うことができました。朝一番に誰も入っていない時の鳥の気配の濃さ。これは病みつきになりますね。
毎回こうなるとは思いませんがこのスタイルが私には似合っているのかもしれません。
※5/11追加
DSC_6427.jpg
DSC_6370.jpg