So-net無料ブログ作成

パリ再び [旅行]

前回の渡仏からわずか3か月。ついこのあいだ来たばかりですがまたまたパリに足を延ばしてみました。

この土日は気温が30℃を超える真夏日。しかし湿度は低く日陰は比較的快適で日本のようにまとわりつくような暑さではありません。ただ直射日光はチクチクと刺さるくらいに痛い日差しで紫外線は日本よりも強そうです。

まずはベルサイユ宮殿を横目に駅へ。2月とは違い観光シーズンなのか朝から宮殿拝観のチケットを求めて大行列ができていました。

DSC_7657e.jpg

ベルサイユから電車で30分ほどでパリ市街です。
前回と違いエッフェル塔の周りは木々が青々としていました。ちなみに塔の天辺左側の黒い点はゴミではなく「人」です。エッフェル塔中段からジップラインでの滑走だそうです。事前に抽選で当たった260名ほどが挑戦するみたいです。いやー下から見てるだけで怖い。
DSC_7871.jpg
エッフェル塔の反対側から。絵葉書等でよく見るエッフェル塔はこちら側かな?噴水の池は泳いで涼むパリ市民だらけでした。
DSC_9037e.jpg
前回はデモの関係で入れなかった凱旋門です。やっと間近で見ることが出来ました。でかい。
DSC_7690e.jpg
こちらも前回デモで封鎖されていたコンコルド広場。
DSC_7752e.jpg
今回やっとクレオパトラの針を間近で見ることが出来ました。
DSC_8272e.jpg
こちらもコンコルド広場のガイドでよく出てくる噴水です。冬は凍結の為水が出てないそうなのでこの時期限定ですね。
DSC_8261e.jpg
そして尖塔と屋根が焼失してしまったノートルダム大聖堂。大聖堂のある島のシテ島入口から封鎖されていて近づくことすらできませんでした。
DSC_7845e.jpg
こちらが前回2月の時の写真です。残念です。
DSC_6807e.jpg
前回はポイントゼロを踏んだおかげか、3か月でパリに戻ってきましたが今回は近づくこともできなかったので踏めていません。次回は遠いかな?
とまぁ同じようなところばかり観光してきましたがそれだけではつまらなのでパリ動物園に足を運んでみましたが・・・
DSC_9022e.jpg
暑くて動物たちもお疲れ気味。日本の動物園と作り方の思想がかなり違い、生態を生かした「見せる展示」という感じではなく昔ながらの展示方法で少し新しい程度。ですので多くの動物は見えないところで休んでいて、その姿を見ることができませんでした。うーん残念。
ただこちらの人は爬虫類の関心が高いみたいで蛇やカエルの展示は大人気。いろいろ違いますね。

nice!(7)  コメント(0) 

ノートルダム大聖堂の思い出 [旅行]

今朝、目が覚めると驚きのニュースが入ってきました。ノートルダム大聖堂が火災で消火作業を行っているとのこと。既に塔や屋根は崩壊し見る影もありません。先日のパリ訪問で行ったばかりなので衝撃は大きなものでした。

その2月に行ったノートルダム大聖堂の思い出の写真です。

DSC_6819.jpg

正面入り口。自由に入ることが出来るため多くの観光客が中に入る列に並んでいます。入口では持ち物チェックをしているだけです。
DSC_6797.jpg
崩れ落ちてしまった尖塔。繊細な作りです。この時も改修工事で足場が組まれていました。
DSC_6821.jpg
正面部分の彫刻です。細かな彫刻が壁一面にあります。一つ一つ表情が違いずっと眺めていても飽きません。
DSC_6046.jpg
そして内部です。ミサが行われており多くの方々がお祈りを聞いています。
DSC_6033.jpg
こちらは南側のバラ窓。残念ながら火事で半分崩れ落ちてしまいました。ステンドグラスがとても綺麗です。
DSC_6037.jpg
至る所にある美術品やステンドグラスの繊細さに感動します。
DSC_6042.jpg
多くの美術品は無事だったという事でなによりです。
DSC_6043.jpg
パリの風景に溶け込みます。
DSC_6846.jpg
パリの中心に相応しい素晴らしい建物でした。
DSC_6026e.jpg
また訪れたいと思いっていましたがとても残念です。早く再建されることを願っています。

nice!(7)  コメント(0) 

ロンドンその2 [旅行]

イギリスは何度か訪れておりトラディショナルな食べ物に良いイメージはなかったのですが、今回は食べ物での大外れがなく平和な出張でした。そもそも経験から怪しそうなのを避けたと言うのもありますが現地のスタッフに聞くと、ここ10年で大きく変わり特にロンドンオリンピックからはかなり良くなったとの事。ホテル近くの食べ物屋はかなりよくなっていて安心出来ました。ただ、昔ながらの観光地の食べ物は相変わらずで、「味がしない」「塩辛い」のまま。黙ってても人が来る場所では変化しないとの事でした。

そんなロンドンあるあるですが、ハリーポッターで有名になったキングスクロス駅に向かうとこのような建物が見えて来て「これがキングスクロス駅か」と思うのですが実はこちらはホテルと隣の駅。映画ではこのような外観だったので勘違いしちゃいます。

DSC_7911e.jpg

で、本当のキングスクロス駅はすぐ横の地味なこちら。

DSC_7917e.jpg
外観はともかく中は煉瓦と鉄骨でできておりレトロな感じのイメージでハリーポッターの世界をイメージさせます。
DSC_7923e.jpg
そして有名になったハリーポッターの9と3/4ホーム。昔は上の写真の端っこにあったのですが2012年のロンドンオリンピックの際に移設され、きれいに作り直したみたいです。以前来たときは下の半分に壁に埋まったカートが普通のスーパーのショッピングカートというかなり雑な作りでがっかりしたのですが、今はイメージ通りのカートで作り直されていました。
DSC_7605e.jpg
また、ロンドンの移動はパリと同じく地下鉄がメインとなります。駅によりますが駅の作りもかっこいいですね。こちらはシャーロックホームズで有名なベイカーストリートの近くの駅です。
DSC_7942e.jpg
そしてこちらは世界一有名になった横断歩道です。アビーロードスタジオ前の横断歩道になります。
DSC_7959e.jpg
そんなアビーロードスタジオは今も多くのビートルズファンが集まり思いを書き込んでいます。
DSC_7961e.jpg
観光地巡りも疲れたのでロンドンの公園散歩。公園には大きな池があり多くの水鳥が生息しています。
日本では外来種として嫌われたカナダガン。公園の鳥は人馴れしているので近づいてきます。
DSC_7991e.jpg
こちらはエジプトガンです。威嚇しながら近づいてきます。食べ物くれという意味だと思うのですがその顔からしてちょっと怖い。
DSC_8003e.jpg
ハイイロガンです。こちらは大人しいです。
DSC_8049e.jpg
ホシハジロですかね。
DSC_8018e.jpg
一番多いのがユリカモメ。半数近くは頭が黒く夏羽になっていました。日本より早いのかな?
DSC_8081.jpg
そして芝生の上ををうろうろしているのはクロウタドリです。ツグミのごとく沢山いました。
DSC_7902.jpg
他にヨーロッパコマドリやアオガラなどを見かけ見れる鳥はフランスのベルサイユと同じ様な感じでした。
おまけでハイイロリス。ハイドパークはリスだらけでした。
DSC_8091.jpg
そして長かった出張も本日で終了。やっと日本に戻れます。あ~醤油味の食べ物が食べたい。

nice!(7)  コメント(2) 

ロンドンその1 [旅行]

フランスの2週間はあっという間に過ぎてしまいました。今回は仕事がメインなのですがプライベートの時間がタップリ取れましたので初めてのフランスを楽しく過ごさせていただきました。その分もありイギリスに飛ぶのは少し寂しい気持ちもありましたがこれも仕事なので仕方がありません。

そんなベルサイユでのスーパームーンです。

DSC_7437e.jpg

パリのシャルルドゴール空港からロンドンのヒースロー空港まで僅か1時間ほど。東京から北海道に行くレベルです。
そしてロンドンは仕事で何度か訪れていおり何度か観光はしていますがもう10年以上前の話。パリと同じくベタベタな観光ルートを回ってみます。観光場所では卒業旅行らしき日本人がたくさんいました。
DSC_7795e.jpg
DSC_7810e.jpg
しかしそれだけじゃつまらないと観光ではあまり行かないと思われる場所に足を運んでみました。
広い公園ですが真ん中に見える建物が目指す目的地です。
DSC_7823e.jpg
こちらはグリニッジ天文台。子午線が通る場所です。
世界標準時を示す時計がありました。
DSC_7845e.jpg
そして言わずと知れた経度0度0分0秒の場所。ここから東経、西経に分かれます。
DSC_7838e.jpg
で、気になるのが本当にそうなのかと子午線のマーク上でスマホのGPSで測ってみると・・・西経0度0分5秒となっていました。
DSC_7830e.jpg
で、気になるのが本当の経度0度0分0秒の場所。GPSを見ながら東に歩くとだんだんとゼロに近づいてきます。先ほどの子午線の場所から100mほど東でほぼゼロとなりました。じっとしていてもばらつくので完全ゼロにはなりませんでしたが大体この辺。後ろに見えるドームがグリニッジ天文台です。
DSC_7859e.jpg
数値がドリフトしていますのでほぼ同じ場所でも西経になったり東経になったり。面白いです。
DSC_7857e.jpg
この時はてっきりスマホのGPSの精度なんてこんなもんなんだろうと子午線マークを信じていたのですがホテルに帰りGoogleMapで調べるとなんとスマホのGPSの方が正確でした。現在の測量ではどうやら子午線はグリニッジ天文台を通ってないんですね。
下の図はGoogleMapでの緯度経度です。左側の赤丸付近が子午線のある場所で最初の撮影ポイント。右の赤丸付近がスマホGPSがほぼゼロになった撮影ポイント。ポイントを示した白い枠の中の下の数字が緯度経度です。スマホのGPSとかなりの桁数で一致しています。スマホでもここまで精度出るんですね。
グリニッジ天文台.jpg
ちなみにこの時は日本人は見かけませんでした。普通の日本人はこんなところに興味ないかな?

nice!(5)  コメント(0) 

ベルサイユ宮殿 [旅行]

ホテルのすぐ横がベルサイユ宮殿庭園なので朝の散歩が日課のようになっています。すぐ横といってもルイ14世像まで15分ほど掛る距離。東京ドーム何個分と例えるのが無駄に感じるくらい広い庭園を回ってのメインゲートになります。

DSC_7069e.jpg
朝のこの時間は観光客は全く居ません。朝日を浴びで黄金色に光る宮殿正面をほぼ独り占めです。
DSC_6248e.jpg
フランスは高緯度のせいなのか朝焼けタイムが長い気がします。
DSC_7085e.jpg
金の装飾もすごいですが彫刻が繊細ですごいですね。
DSC_7091e.jpg
こちらは裏側
DSC_7121e.jpg
庭園もほとんど人影がありません。公園整備してる人とジョギングしている人数名くらいです。
真正面の噴水の奥の方に見える池の端っこまで、この撮影ポイントから2kmあるみたいです。とこかく広い。
DSC_7166e.jpg
DSC_7177e.jpg
ここがホテルから一番近い入口。ここまでならホテルを出てわずか2分ですが・・・
DSC_7406e.jpg
そんな庭園の鳥たちです。
どこでも見ることが出来るコブハクチョウですね。
DSC_7229e.jpg
シジュウカラですがお腹の黄色がかなり濃いです。
DSC_7215e.jpg
ワカケホンセイインコです。外来種ですが日本でも大繁殖していますね。
DSC_7290e.jpg
イエスズメです。高価そうなオブジェでもお構いなしです。
DSC_7345e.jpg
たぶんアトリなのですが顔の色が全く違います。写真が小さくてわからないですね。
DSC_7368e.jpg
ヨーロッパコマドリです。時々目の前で鳴いてくれるのですがそんな時に限ってカメラを持っていなかったりします。あるあるですね。
DSC_7387e.jpg
他にアオガラ、エナガ、ゴシキヒワ、アオカワラヒワ、ウソ(ショッキングピンクに近い赤)、カササギ、クロウタドリ、モリバトなど。
街中なのに結構色々な鳥が見れます。一番多く見ているのがカササギ、次がヨーロッパコマドリといった感じです。あー望遠レンズを持ってこなかった後悔で倒れそうです(笑)

nice!(5)  コメント(2)